logo


Jay Z, Mos Def, AZなどと一緒に仕事をしてきたプロデューサーSki Beatzが独自のビート制作技を見せてくれます。

  • まずは、曲を聴いてスライスしたいところにワープマーカーを追加します。この時はテンポと関係なく作業して、メトロノームを一切使っていません。
  • 使いたいところを見つけたら、早速ワープマーカーを追加します。通常10~15ぐらいのマーカーを入れます。
  • マーカーの追加が終わったら、オーディオファイルを右クリックして、「Slice to MIDI Track」のコマンドを選択します。
  • そして、ワープマーカー設定を選び、自分のカスタムスライスのプリセットを使います。
  • これで選んできたスライスが全部キーボードにマッピングされて、片手でスライスを演奏しながら、タップテンポボタンをAPC40で叩きます。
  • 最後にメトロノームをつけて空白のクリップに録音します。

Ski Beatzのカスタムスライスプレセットをダウンロード

Library > Defaults > Slicingに入れてください。

Ski BeatzのMySpaceページ:

http://www.myspace.com/skibeatzmusic