logo


REAKTOR 6 は最先端のDSPとハイファイなサウンドを備えた、サウンドメイキングのため究極的クリエイティブ・ツールキットです。

REAKTOR 6で実現する高度な音の実験は、これまでよりも身近なものになります。 Primary と Core Macro ライブラリーの改良、新しいカテゴリーやフォルダー構造が追加され、これまでより直感的な操作ができます。 リニューアルしたインターフェイス、ストラクチャー編集機能、プロパティ、ナビゲーションなどの改良によって、ワークフローが向上しました。 そして、新機能 Table Framework、Bundles、Scoped Buses によって、REAKTORビルダー方々に新たなパワーを与えてくれます。

新しいフレームワークBlocksは、REAKTOR 6 をフル装備のラックタイプのモジュラーシンセに変えます。 30 種類を超えるBlocks にはオシレーター、フィルター、エフェクト、モジュレーター、シーケンサーなどを含み、これらすべてがREAKTOR 6 に搭載されています。 Blocks の中にはNIの人気シンセ ROUNDS やMONARK のコンポーネントも含まれています。Blocks を使って早速パッチングを始めましょう。

REAKTOR のトレードマークはサウンドクオリティの高さ。 アンチエイリアス・オシレーター、ZDF(ゼロ・ディレイ・フィードバック)フィルター、グラニュラー・シンセシス・エンジンなど。REAKTORのすべてのコンポーネントは、一流の開発チームが最も洗練されたアルゴリズムを用いてコアレベルから組み立てました。 彼らの絶え間ないDSPテクノロジーに対する研究によって、このツールキットは今もなお、業界の先頭を走り続けています。 内部はすべて系統的にまとめられ、REAKTORのmacroライブラリーを使い、すぐにクリエイティブな構築作業に取りかかることができます。

はじめてREAKTOR を手にする方は、まず70種類に及ぶファクトリー・インストゥルメントを開き、プリセットを選んでみましょう。 またはREAKTORユーザーコミュニティが制作した4,000を超える無償インストゥルメントをダウンロード。 REAKTOR の環境に慣れ始めたら、Blocks を使ってパッチングを始めましょう。ここからあなたの音の実験がいよいよ始まります。 もっと深く創作の過程を楽しみたい場合、REAKTORを使えば、完全なインストゥルメントを1から構築することができます。

詳しくは、native-instruments.com