logo


NovationのファームウェアアップデートによりLaunch Control シリーズがスタンダロンMIDIの操作に対応できるようになりました。

最近のファームウェア開発によりLaunch ControlとLaunch Control XL コントローラーはパソコンがなくてもUSB・MIDI変換機経由(Kenton MIDI USB、iConnectMIDI 4+など)で外部のハードウェアとの通信が可能になりました。

次のビデオでは、アーティストのCALCは、Launch Control XLとKenton MIDI USB ホストでElektron Octatrackを操作します。無料のソフトウェアエディターでは、最大8ページ分のパラメーターを設定し、デバイスに保存できます。CALCの場合は、Octatrackの8トラックをLaunch Control XLの各ページで操作しています。

さらに、Expert SleepersよりリリースされたFH-1のモジュールによりNovation Launch ControlがモジューラーシンセのためのスタンダロンCVシーケンサーとしての利用が可能になりました。Launchpadもドラムなどをトリガーする8 パートのステップシーケンサーに変わります。

次のビデオでは、Novationのブランドマネージャーが基本操作を説明します。

詳しくは、novationmusic.com
詳しくは、expert-sleepers.co.uk