logo


NAMM 2015 ショーにてAkai Professionalは、新製品 アナログシンセサイザ「Timbre Wolf」とアナログドラムマシン「Tom Cat」を発表しました。

「TimbreWolf」は真のアナログ4ボイス ポリフォニック・シンセサイザー。設定により4基のモノ・シンセ/4ボイス・ユニゾン または4ボイス ポリ・シンセとしての動作が可能。

さらにAkai Pro 独自の高品質な25鍵キーボードが実装されます。状況に応じて独立したそれぞれのボイスの音色を即座にエディットが行えます。またそれぞれボイス毎に32ステップ・シーケンサを装備、LEDディスプレイやオクターブ +/- ボタンを使い柔軟なコントロールができます。

Tom Cat は音階チューニングが可能な“Disco Tom”と“Kick”、“Snare”そして“Clap”を含む五つのパーカッション・ボイスを内蔵したエキサイティングで純粋なアナログ ドラムマシンです。パネル上では、それぞれのドラム音色のチューニング、アンプエンベロープ、そしてレベルを連続可変ボリュームを操作してリアルタイムに緻密な調整が行えるようになっています。

6つの“MPCスタイル・パッド”と“32-ステップ・シーケンサ”を装備、Tom Cat クラッシック・ドラムマシン・レイアウトで高水準な 操作性を実現。スイング機能やテンポ調整ノブを使ってドラムパターンのノリなどの微調整が行えます。また独自の“Maul”回路の組み込まれたオーディオ信号ラインは、ほどよく粗いドラムビートへと変貌させます。

Akai Professional プロダクトマネージャのダン・ジルは以下のようにコメントしています。

「Timbre WolfとTom Catの市場導入により、クラッシック・アナログのシンセサイザとドラムマシンのサウンドを今日のミュージシャンの手へ届ける。私たちの目標は、モダンとビンテージの両方を兼ね備えた音楽機器によって、このすばらしいアナログ・シンセ・サウンドをミュージシャンが音楽へ容易に活かせるような、コンパクトなアナログポリフォニックシンセサイザ/キーボードとアナログ・マルチボイス・ドラムマシンを作ることです。
この二つの組合せによる音楽制作への創造的な可能性は無限大です。

価格:
Timbre Wolf $499
Tom Cat $199
2015年7月発売予定。

詳しくは、akaipro.com