logo


Producertech のポール・マドックス氏は、Ableton Pushでハウス系のコード進行の作り方を解説します。

インストルメントの再生中、Pushのパッドは1キーボード分のノートを64のパッドにうまく当てはめます。中心音、調に含まれるその他のノート、すでに録音されているノートが、それぞれ別々の色で表示されます。音楽理論に詳しくないポール氏は、同じグリッドパターンを使ってコード進行を即興で録音します。

詳しくは、 live-courses.com